白井田七は痛風を治せる?尿酸値を下げる成分とは

白井田七は尿酸値を下げ痛風を治す働きがあるんでしょうか。
白井田七は痛風にどう?

 

白井田七は痛風の治療薬にはなりませんが、
痛風の前段階である「高尿酸血症」の段階であれば尿酸値を下げ痛風を予防することができます。

 

 

白井田七の効果や口コミに関してはこちらのページをご覧ください
→【驚愕】白井田七の効果・口コミを徹底調査してわかったこと!

 

 

 

白井田七で痛風が治った男性 55歳 神奈川県

去年突然足の親指の付け根あたりがもう耐え難いとてつもない痛みに襲われ、救急車を呼びました。
診断結果は「痛風」。
痛風なんて贅沢病だと思ったので、まさか自分が痛風に掛かるとは思ってもみませんでした。
痛風対策にはとにかく尿酸を下げることが重要だとわかったので、口コミで評価が高かった白井田七を飲み始めました。
徐々に尿酸が下がってきて最近は痛風の発作も最初の1回以来起こっていません。
通院も最初は2週間に1回だったのが今では2ヶ月に1回で良くなりました。
痛風の痛みは人生で味わったどの痛みより強いものだったのでもう2度と痛風にはなりたくありません。
このままずっと痛風にならないように白井田七を飲み続けていきたいです。

 

白井田七に含まれている「サポニン」

肝機能の正常化

尿酸の過剰生成を防止

 

腎機能の向上

尿酸の排出を促進
してくれるため、尿酸値が上がりにくくなります。

 

 

痛風の原因は、血液中に溶けきれなかった尿酸が結晶化し、関節に沈着してしまうことです。

 

尿酸値が下がれば血液中に尿酸が溶けきれない、ということもなくなるので痛風にはならなくなります

 

白井田七のサポニンで尿酸値を下げ痛風予防

 

白井田七で痛風を予防している男性 大阪 46歳

私の家系は痛風になりやすいらしく、親戚の中で痛風患者、元痛風患者が4人います。
私も痛風になりやすい体質なのか、毎回健康診断で尿酸が高めで痛風予備軍だと言われてきました。
白井田七を飲み始めたのは、現役痛風患者の叔父が飲んでいたからです。
曰く、「これを飲み始めてから痛風発作が起きなくなった」とのこと。
実際私も白井田七を飲み始めてからの健康診断では尿酸値が基準範囲に収まるようになってきました。
痛風の発作の怖さは身内からたくさん聞かされているので、自分は絶対なりたくないです。

 

 

高尿酸血症になってすぐ痛風の発作が起きるのではなく、最低8年は経過しないと痛風発作は起きないといいます。

 

この8年間のうちに適切な対処をすれば痛風の激痛を味わわなくて済むということですね。

 

しかし最近は20代でも痛風の発作を発症してしまう男性が増えてきているとのことなので、気づかないうちに尿酸が高くなっているかも知れません。

 

 

白井田七を飲んで痛風の一歩手前、高尿酸血症の段階で尿酸値を下げておくことが望ましいです。

 

 

また痛風は、痛風だけでなくほかの生活習慣病などを併発しやすいことがわかっています。

 

腎障害
尿路結石
高血圧
肥満
脂質異常症
糖尿病
動脈硬化
心筋梗塞・脳梗塞

 

これらの病気が痛風の合併症としてよく起こります。

 

尿酸の結晶が腎臓に溜まることで腎障害になりますし、膀胱や尿路に溜まることで尿路結石になります。

 

白井田七で尿酸値を下げ痛風以外の病気も予防!

 

痛風のほか、糖尿病予防や更年期障害にも白井田七は効き目があることがわかっています。

 

白井田七を飲んで尿酸値を下げ、痛風だけでなく他の様々な合併症も予防していきましょう。

 

 

痛風、糖尿病、更年期障害以外の病気と白井田七の効き目については以下にまとめているのでご覧ください。

Menu []

白井田七で糖尿病予防!血糖値やヘモグロビン(HbA1c)を下げる方法

白井田七で血糖値やヘモグロビンHbA1cを下げ、糖尿病の予防ができる方法をお教えします。
田七人参で糖尿病予防する!

 

すでに糖尿病になってしまった方はインスリンの分泌が極端に少なくなってしまっているのでお薬での治療が必須ですが、
血糖値が高めの方やHbA1cが高いという段階の方であれば、まだ糖尿病にならずに済むかも知れません。

 

白井田七で糖尿病を予防している男性 38歳 福岡

前回の会社の健康診断で血糖値が高いから糖尿病に気をつけるようにと言われてしまいました。
父が糖尿病の合併症で亡くなったので、自分は絶対糖尿病にはなるまいといろいろ調べてみました。
すると、糖尿病の予防に白井田七という漢方薬のサプリが効くという記事を読んだので、飲むことにしました。
今回の健康診断まで1年間ずっと飲み続けてみたのですが、無事糖尿病ではなく、さらに血糖値・ヘモグロビンA1cも下がっていました。
血糖値が高めで糖尿病予備群と言われた私が、どちらかといえば低い方にまで良くなっていたんです。
もちろん食事も気をつけていましたがそれは今までどおりなので、おそらく白井田七のおかげです。
糖尿病は怖いのでしばらく飲み続けてみようと思います。

 

 

糖尿病患者の95%が、ストレスや食生活などが原因の2型糖尿病とされており、日常生活に気を配るだけで予防できます。

 

糖尿病の治療で最も大切なのが食事療法です。

 

インスリンを分泌する膵臓(すい臓)に負担をかけない、という考え方で糖尿病ではない方にも効果的な糖尿病の予防方法になります。

 

 

カロリーの摂取をできるだけ下げ、血中の中性脂肪やコレステロールを増やさないことも糖尿病対策で重要です。

 

 

それではなぜ白井田七が糖尿病予防に効果的なのでしょうか。

 

そもそもHbA1cとは、血液中でヘモグロビンとブドウ糖と結合した糖化ヘモグロビンのことです。

余っているブドウ糖が多いほどHbA1cの量は増える
ということになります。

 

血糖値とHbA1cの違いですが、

血糖値

検査したその瞬間の血糖の状態で、食事の有無やストレスによって大きく変動してしまいます。

 

HbA1c

過去1~2ヶ月の血糖状態で、正確な血糖値を測ることができます。

 

なぜ過去の情報がわかるかと言うと、赤血球の寿命が約120日であるからです。

 

 

さて、血糖を下げる成分ですが、

サポニン

EPA・DHA

ポリフェノール

アミノ酸

食物繊維

が挙げられます。

 

中でも白井田七に含まれている「サポニン」は血糖値を下げる働きが医学的に認められています

 

白井田七で血糖値を下げて糖尿病予防

 

血糖が下がれば糖尿病になる前の段階で予防できます。

 

血糖値を抑制

糖と脂質が結びつくのを防ぐ

悪玉コレステロール量を減らす

 

といった働きもあり、血糖値が下がることでHbA1cの数値も減り、結果として糖尿病の予防につながるということです。

 

白井田七は糖尿病に直接効き目はありませんが、血糖値とHbA1cを下げ、糖尿病の予防効果は十分にあるといえるでしょう。

 

 

白井田七で糖尿病の症状が治った女性 58歳 兵庫

私は糖尿病と診断されてから、インシュリン注射をしたりよくわからない薬をたくさん飲んだり、厳しい食事制限をさせられたりしていました。
健康寿命を伸ばすために血糖値を下げなければいかないのは仕方ないですが、とてもつらかったです。
そんなとき子どもが糖尿病に効くよと教えてくれたのが白井田七でした。
血糖値を下げる効果があるとのことで私に勧めてくれたみたいです。
飲み始めてから1ヶ月後の血液検査で、血糖値が下がっていったんです!
HbA1cは変化なしでしたが、しばらく飲み続けたら間違いなく下がると思います。
糖尿病は完治しませんが、血糖値が下がるだけでもありがたいです。

 

糖尿病になってからの治療は、お金の面でも精神的な面でも、家族に迷惑がかかったりしてしまいます。

 

ですから白井田七を飲んで糖尿病を予防していくことが大切です。

 

白井田七でホルモンバランスが整って更年期のイライラが治まる理由

白井田七はホルモンバランスを整え更年期のイライラを解消する働きがあります。
田七人参で更年期障害を治す

 

更年期障害の症状としては、イライラ以外にも

ホットフラッシュ、発汗、不安、うつ症状、冷え性、動悸・息切れ、集中力不足、肩こり・腰痛、頻尿、頭痛、肥満・やせ、むくみ、体の違和感

など多岐にわたります。

 

 

白井田七で更年期症状が治った女性 48歳 東京

まだ閉経していないのですが、1年ほど前から何に対してもイライラ。
50歳になってなかったのでまだ更年期だとは認めたくなかったのですが、夫に当たってしまったり、
趣味だったジムのプールに行くのも億劫になり、朝起きるのすらだるくなってきて「これは更年期かも」と思うようになりました。
よくある更年期障害の治療、HRT(ホルモン補充療法)は受けたくなかったので、より自然な漢方薬でなんとかしたいと思い見つけたのが白井田七でした。
更年期の不定愁訴に白井田七が効くという口コミを見て試してみたのですが、本当に心が落ち着いてきました。
ホットフラッシュやめまいなどの体の更年期症状も徐々に軽くなってきています。
なかでも更年期症状の中で一番つらかった「何もできないことへの罪悪感」もなくなってきて、気持ちにゆとりができたのが何より嬉しいです。
いま更年期症状に悩んでいる方や、更年期の年齢が近い方にも予防として飲む価値はあると思います。

 

 

更年期障害には不定愁訴(ふていしゅうそ)と呼ばれる具体的な原因がはっきりしない症状も多く、これらは漢方薬が得意とする症状です。

 

病院で更年期障害の診察を受けると漢方薬が処方されることもよくあります。

 

 

なぜ更年期障害になるかと言うと、年齢を重ねることで卵巣などから分泌されている女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)が減少し、脳が混乱。
自律神経やホルモンバランスが乱れてしまうからです。

 

 

実はこのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)、卵巣だけでなく「副腎」という臓器からも分泌されます。

 

白井田七に含まれているサポニンは、副腎皮質の働きを活性化し女性ホルモンの分泌を促進してくれます。

 

白井田七が女性ホルモンを出して更年期障害改善!

 

卵巣からのエストロゲン、プロゲステロンの分泌が極端に減っている状態で、副腎皮質から分泌されるエストロゲン・プロゲステロンは女性の体にとって非常にありがたい存在です。

 

白井田七で更年期障害が治った女性 54歳 宮城

更年期症状が始まったのはもう4年前になります。
不眠、ホットフラッシュ、だるさなど更年期の症状と言われるものはほとんど体験したと思います。
心療内科に行ってみても、更年期症状によくある不定愁訴と言われ、不眠用の睡眠薬など渡されるだけで、根本的な治療はできませんでした。
更年期女性の地域コミュニティに参加した時、更年期サプリを飲んでいるという方がいてその方が教えてくれたのが「白井田七」。
すぐに効果が出るものではないとわかって飲み始めましたが、1ヶ月目から更年期症状が落ち着いて来たのがわかりました。
今白井田七を飲み始めて半年ですが、かなり更年期が治まって普段の生活を送れるようになっています。
更年期が終わってもずっと飲み続けたいサプリに初めて出会いました。

 

 

少しでも女性ホルモンが分泌されることで、ホルモンバランスが整えられ更年期症状がかなり軽減できるという研究結果が発表されています。

 

また、副腎皮質ではアンドロゲンとテストステロンという男性ホルモンも出るので、
最近問題になっている男性更年期の解消にも効くと言われています。

 

 

男性の更年期障害に関してはこちら!
→男性更年期障害(LOH症候群/加齢男性性腺機能低下症候群)にも白井田七は効く?

 

 

 

更年期障害で悩んでいる女性は是非白井田七を試してみてください。

 

白井田七は尋常性白斑の治療や予防に効く?

白井田七は尋常性白斑を治せるのでしょうか。
田七人参は尋常性白斑に効き目は?

 

田七人参に含まれているサポニンは尋常性白斑の治療や予防に効果があるとされています。

 

尋常性白斑はマイケル・ジャクソンも患っていたと言われており、3大皮膚疾患の1つで、治りにくいことでも有名です。

 

後天的な尋常性白斑の原因は、自己免疫疾患が大きく関わっているとされます。

 

自己免疫疾患とは、免疫系が正常に働かなくなり、自分の細胞まで攻撃してしまう疾患です。

 

自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが取れなくなることで発症してしまうと考えられています。

 

 

白井田七のサポニンは、交感神経と副交感神経のバランスを取り戻す働きが認められており、
尋常性白斑以外にも自律神経の乱れが原因の病気全般に効き目があります。

 

サポニンの1種、ジンセノサイドRb1ジンセノサイドRg1は中枢神経を落ち着ける働きと
中枢神経を活性化させる働き、両方を併せ持っています。

 

白井田七で尋常性白斑は治る

 

交感神経優位のときには副交感神経を活性化させ、
副交感神経優位のときには交感神経を活性化させる、
といったように、バランスを上手く取ってくれます。

 

白井田七を飲んで白斑が治った、という書き込みが2chにもありましたし
病院でも田七人参を使った漢方治療が実際に行われています。

 

尋常性白斑で悩んでいる方は白井田七を試してみてはいかがでしょうか。

 

白井田七がうつ病や自律神経失調症に効く理由

白井田七がうつ病・自律神経失調症に効くとされている理由を紹介します。
田七人参はうつ病、自律神経失調症にはどう?

 

うつ病と自律神経失調症は、症状が似ていますが原因も治療法も全く異なる病気です。

 

自律神経失調症とうつ症状に白井田七が効くというのはどういう作用機序なのでしょうか。

 

 

白井田七に含まれているサポニンが、自律神経のバランスを正常に整える働きがあることはお話しました。

 

 

自律神経失調症では基本的に交感神経が優位になっている場合が多いです。

 

交感神経が優位になると、心拍数が増え血管の収縮が日常的に続くようになり、高血圧、心臓病、不整脈や脳卒中などの病気の原因にもなります。

 

またエネルギー燃焼が増え活性酸素の発生も増えます。

 

活性酸素が増えると動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、ガンや認知症にも繋がります。

 

なので自律神経の乱れは早めに治すことが大切

 

白井田七の成分、ジンセノサイドというサポニンが交感神経の働きを抑え、
副交感神経を活性化してくれます。

 

なので自律神経失調症には白井田七が効くというのは本当です。

 

 

白井田七はうつ病にも効きますます。

 

白井田七はうつ病と自律神経失調症に

 

うつ病の原因は、脳内の神経細胞を行き来する神経伝達物質セロトニンやノルアドレナリンの量や、働きが減少してしまうためではないかと言われています。

 

うつ病は複数の状況が重なることが発病の原因と言われており、

精神的ストレス(仕事など)

肉体的ストレス(体の冷えなど)

が大きな原因です。

 

中でも体の冷えはうつ症状を発症しやすく、血の巡りの悪化が内臓機能までも低下させます。

 

胃腸の働きが弱くなると便秘になり、腸内環境も悪くなります。

 

腸内環境が悪いとセロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質の分泌が減ってしまい、うつ症状になりますよね。

 

白井田七は血の巡りを良くして体を温めてくれて、内臓の働きも活発になるので腸内環境も良くなり、脳の神経伝達物質もたくさん出るようになります。

 

これによりうつ症状が治ると期待できます。

 

白井田七はうつ病にも自律神経失調症にも効く、と言えますね!

 

白井田七はアトピーやニキビ・吹き出物も治るって本当?

白井田七でアトピー性皮膚炎やニキビ・吹き出物が治せるというのは本当なのでしょうか。
田七人参はアトピーニキビ、吹き出物も治る?

 

これは本当です

 

ニキビや吹き出物は、東洋医学では毒素が排出されているものと考えます。

 

つまり体内を綺麗にしてしまえばニキビも吹き出物もできなくなるということです。

 

白井田七がなぜニキビや吹き出物に効くかと言うと、

血流を良くする

抗炎症作用

ホルモンバランス調整作用

の働きがあるためです。

 

ニキビ・吹き出物の原因としては、男性ホルモン(アンドロゲン)や女性ホルモン(黄体ホルモンプロゲステロン)の分泌が多くなってしまうことにあるといいます。

 

これらのホルモンが増えることで汗腺の働きが活性化し、毛穴が詰まってしまうことでニキビや吹き出物になるので、白井田七のホルモンバランス調整作用によりニキビを治し、新しいニキビや吹き出物ができにくくしてくれます。

 

 

白井田七の飲み始めに「好転反応」として、ニキビや吹き出物が一時的に悪化してしまう可能性がありますが、
あくまで好転反応で、その後必ず良くなりますから頑張って飲み続けてください。

 

好転反応は漢方薬を飲んだことで体内の浄化作用が働き始め、体に害のある物質や毒素を外に出す動きです。

 

ニキビや吹き出物が気になっている方は現在も何かしらのスキンケアをしていると思いますが、
それらのスキンケアは辞めずに白井田七をプラスして飲んでみてください。

 

白井田七はニキビと吹き出物が悪化することもある

 

アトピーは正式にはアトピー性皮膚炎と呼ばれ、アレルギーが原因の皮膚の病気です。

 

なぜ白井田七がアトピーに効くのかというと、田七人参の

抗炎症作用

活性酸素除去作用

この2つが理由です。

 

抗炎症作用でアトピーの炎症やかゆみを無くし、活性酸素を除去して更にアトピーの悪化を防いでくれます。

 

白井田七を飲み始めると、アトピーの治療としてステロイド軟膏などを塗っていた場所が特に好転反応で悪化しやすく
これは体内に蓄積された不要な物質が外に出るためだと言われています。

 

白井田七はアトピーも治る

 

白井田七を飲んでアトピーを治す際も、白井田七だけに頼るのではなく病院で処方されたステロイド剤や抗ヒスタミン剤などを一緒に使い続けるのがオススメです。

 

 

また、アトピーの原因としてダニやハウスダストなどのアレルゲンもあるので、掃除、洗濯、スキンケアなどの生活環境の向上も同時に行いましょう。

 

 

白井田七はアトピーやニキビ・吹き出物にも効くということでした。

 

白井田七が蕁麻疹を治す仕組み

白井田七で蕁麻疹が治まるのはなぜなのでしょう。
田七人参は蕁麻疹には?

 

蕁麻疹の原因には、アレルギー性のものと非アレルギー性のものがあります。

 

アレルギー性蕁麻疹は食べ物や花粉、薬などの刺激が原因です。

 

非アレルギー性蕁麻疹は衣服のスレや気温差、日光や汗、ストレスなど様々な原因があります。

 

 

血管の周りにあるマスト細胞という細胞が、それらの刺激によりヒスタミンを放出。
血管がヒスタミンに反応して血漿を血管外に漏れ出させてしまうことが蕁麻疹の出る仕組みです。

 

 

アレルギー性蕁麻疹の場合はアレルゲン物質を極力避けることで回避できますが、
非アレルギー性蕁麻疹は疲労やストレスを減らす努力が大切です。

 

白井田七は蕁麻疹にも

 

白井田七を飲んで蕁麻疹が治った例としては、

 

汗をかくと蕁麻疹が出てくる男性

クーラーの使いすぎと胃腸の弱りが原因と考え、皮膚と胃腸の働きを強めるために白井田七を飲み始めたら蕁麻疹の症状が軽くなりました。

 

ストレスを感じると蕁麻疹が出る男性

体を温めると蕁麻疹の症状が軽くなること、肝機能が悪いこと、昔から肩こりがあることが関係あると考え、白井田七を飲み始めました。
代謝と血流の改善には白井田七が最善だと思います。
実際飲み始めて3ヶ月後には蕁麻疹が出なくなりましたが、体質を変えるために飲み続けます。

 

などがありました。

 

白井田七は蕁麻疹の症状改善・治療に効くということがわかりました。

 

白井田七で白髪が無くなるのはなぜ?

白井田七で白髪が無くなる理由をお教えします。
田七人参で白髪が無くなるって本当?

 

漢方の考え方では「髪は生きている」とされます。

 

「白髪になっても対策すればもとに戻せる」「髪は健康のバロメーター」とも言われています。

 

 

白髪の中でも白井田七が効くのは、更年期やプレ更年期の白髪です。

 

女性ホルモンが不足してくることによってホルモンバランスが乱れ、抜け毛や白髪が増えてきます。

 

また、頭皮の血行が滞り十分な栄養が髪に届かなくなることも理由です。

 

白井田七は白髪を無くせる

 

ホルモンバランスの乱れは自律神経が乱れることが大きな原因なので、白井田七は白髪対策にも非常に効果があります。

 

白井田七は血流改善ができるので、頭皮に血を巡らせ、栄養を行き渡らせ白髪を減らす働きもあります。

 

 

これらのことから白井田七は白髪も黒髪に戻すことができると言えますね。

 

白井田七は子宮筋腫・子宮内膜症による不妊にも効く?

白井田七が子宮筋腫や不妊に効くというのはどういうことなのでしょう。
白井田七は不妊症にはどう?

 

不妊の大きな原因としては「体の冷え」が挙げられます。

 

体が冷える=血液の流れが滞っている
ということで、冷え性は生理痛や生理不順、子宮内膜症や子宮筋腫とも関係があるとされています。

 

これらは全部不妊症の原因です。

 

 

なのでまずは第一に体を温めることが不妊治療の大前提なのです。

 

体を温める=血流改善
によって卵巣や子宮に十分な血液が送られ、質の良い卵子が作られますし、子宮内膜が柔らかくなることで妊娠しやすくなります。

 

白井田七は不妊症、子宮筋腫、子宮内膜症に効く

 

白井田七に入っているサポニンが、活性酸素を除去したり中性脂肪・血中コレステロールを分解するのでサラサラ血液になる効能が期待できます。

 

さらに、白井田七にのみ含まれている「デンシチン」という成分には「止血作用」があり、抗炎症作用もあるので
白井田七は不正出血を抑えることができ、子宮筋腫の予防や改善もできるといえるでしょう。

 

他に多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)卵巣嚢腫などもホルモンバランスや血流の滞りが原因とされており、白井田七で予防できます。

 

白井田七で血流を良くし体温を上げ、質のいい卵子を育てることで不妊から脱却し、健康な赤ちゃんを妊娠できるでしょう。

 

白井田七が花粉症や鼻炎に効く理由

白井田七が花粉症・鼻炎に効くのはなぜなのでしょう。
白井田七は花粉症や鼻炎も治る?

 

田七人参に含まれているサポニンには

抗アレルギー作用

があります。

 

なので白井田七は花粉症やアレルギー性鼻炎の症状を緩和させる効き目があります。

 

そもそも花粉症は、季節性アレルギー性鼻炎と呼ばれ、アレルギー性鼻炎の1つです。

 

蕁麻疹の項でも説明しましたが、アレルギーにはヒスタミンという物質が大きく関わっています。

 

 

アレルゲン物質が鼻粘膜に付着すると、ヒスタミンが放出され鼻水、くしゃみ鼻づまりなど花粉症や鼻炎の症状が出ることになります。

 

また、アレルギー性鼻炎にはストレスも関係しているという研究結果もあります。

 

白井田七は花粉症やアレルギー性鼻炎にもおすすめ

 

ストレスが増えると自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが乱れ、交感神経が優位の状態が続いてしまいます。

 

白井田七には、交感神経の高まりを抑え副交感神経の働きを高めるので、自律神経のバランスが整えられます。

 

つまり花粉症や鼻炎の悪化を抑える働きが、白井田七にはあるということですね。

 

白井田七で便秘解消!

白井田七で便秘が解消できる理由をお教えします。
白井田七で便秘が治る

 

なぜ白井田七は便秘解消効果できるのでしょうか。

 

田七人参に限らず、漢方薬には好転反応という「体が浄化される時期」があります。

 

漢方薬を飲み始めたばかりの頃に、体が今まで溜め込んでいた毒素や不要な物質を体外に出す働きで、慢性的に活動が低下していた内臓が血流改善により動き始めた証拠です。

 

 

胃腸の働きも良くなるので一時的に下痢になったりしますが、体の中で不要となったものがでてくるのでむしろ好ましい現象と言えます。

 

白井田七で下痢になることも

 

このときに便秘の方も一気に解消されます。宿便と呼ばれている数日~数週間溜まっていた便も出るそうです。

 

宿便が本当にあるのかという疑問がわきますが、実は医学的には存在しないもの。

 

腸壁は絶えず動いており、ずっと谷になっている部分に便がたまるということはなく、腸壁も定期的に剥がれてしまうので宿便と言っても数年間同じ場所に便がとどまるということは無いんだとか。

 

ですが腸が活発に動くことで便秘が解消できることは研究結果として明らかになっており、腸の働きの改善には血流の改善が重要であることもわかっています。

 

白井田七の血流改善によって、便秘が解消できるというのは事実です。

 

人によっては効き目が強すぎて下痢になる場合もあるので、その際は飲む量を調節してみてください。

 

白井田七は脂肪肝など肝臓の病気に効く!

白井田七が脂肪肝などの肝臓系の病気に効き目がある理由を紹介していきます。
白井田七は脂肪肝など肝臓病にも

 

肝臓の病気は

肝臓がん
アルコール性肝障害
脂肪肝
肝炎(急性肝炎・慢性肝炎・劇症肝炎など)
肝線維症
肝硬変

などがあります。

 

しかし、肝臓には痛みを感じる神経がないため、「沈黙の臓器」とも呼ばれます。

 

 

アルコール性肝障害脂肪肝の原因として、以下のようなことが挙げられます。

飲酒、過食、肥満、運動不足、糖尿病、脂質異常症、高脂血症

 

ウイルス性の肝炎などとは異なり、これらは生活習慣を改善すれば予防できる肝臓の病気です。

 

健康診断などでγ- GTPが高いとされた人は、アルコールの飲み過ぎと思われます。

 

白井田七はアルコールを控えよう

 

GOT(AST)やGPT(ALT)も高い場合は断酒しなければならないかも知れません。

 

 

食べ過ぎ、肥満は脂肪肝の最も大きな原因ですから食生活や運動に気をつけることで多少は肝臓の病気から遠ざかることができるでしょう。

 

 

なぜ白井田七はこれら肝臓病に効くのでしょうか。

 

 

白井田七に含まれるサポニンには

肝臓細胞の修復

肝臓の炎症を抑える

中性脂肪の分解

などの効能があります。

 

さらに、白井田七に配合されている「アルギニン」も肝臓に良い成分として有名です。

 

白井田七のアルギニンが肝臓に良い

 

アルギニンを摂取すると体内の一酸化炭素濃度が高まり肝機能が強化されます。

 

アルギニンには脂肪を燃やし、脂肪肝を改善できるという研究結果もあります。

 

実際にヨーロッパでは肝障害治療薬としてアルギニンが用いられています。

 

アルギニンは肝障害になった肝細胞を再生させる働きもあるので、サポニンとアルギニンの2つの力で肝臓の病気を改善・予防できると言えるでしょう。

 

白井田七で癌(ガン)は治るの?

白井田七で癌(ガン)は治るのでしょうか。
白井田七で癌は治る?

 

京都薬科大学の木島孝夫教授が「日本癌学会」で
「田七人参はマウスを使った肺癌で80%、皮膚癌で75%抑制率があった」と発表しました。

 

「日本薬学会」で「肝臓ガンに対して高い抑制効果があった」という研究結果も発表されました。

 

日本東洋医学会においても「制癌性生薬に関する研究」で消化器系のガンや心臓病に効果があったと紹介されました。

 

以上のように田七人参には、癌に対して何らかの効き目があるということが判明しています。

 

白井田七はがんにも

 

田七人参のどの成分がどう作用してガンに効くのかはまだ判明していませんが、白井田七でがんが治るというのは100%嘘ということはなさそうです。

 

しかしガンは命にも関わる病気です。

 

白井田七だけに頼ってガンを治そうとするのは辞めておいたほうが良いでしょう。

 

癌になる前の予防として私は毎日白井田七を飲んでいますが、癌になってしまったときはちゃんと病院でがん治療をしようと思っています。

 

白井田七でコレステロールを下げ動脈硬化予防!

白井田七はコレステロールを下げて動脈硬化を防ぐ働きがあります。
白井田七でコレステロール値を下げて動脈硬化予防

 

白井田七に含まれる「田七ケトン」という成分には血液中の

中性脂肪

悪玉コレステロール

を減らす働きがあることが研究によって明らかになっています。

 

コレステロールや血中の中性脂肪を取り除くだけでなく、代謝を上げて肥満体質の改善効果もあることが、カリフォルニア州応用生物実験室の研究成果として発表されています。

 

岐阜薬科大学の嶋野教授も冠状脈疾患、狭心症などに優れた効き目を持っていると認めており、血管系の病気に対して田七ケトンは非常に有用であることがわかっています。

 

田七人参に含まれている田七ケトンには、

田七ケトンA

田七ケトンB

の2つがあり、田七ケトンAが血液サラサラ田七ケトンBが止血の働きという、相反した効果を持ちながらどちらも人体にとても良い影響を与えてくれます。

 

白井田七のケトンABで動脈硬化予防

 

田七ケトンBがの止血作用に関してはベトナム戦争中に、負傷したベトナム兵が田七人参を患部に塗っているのを見たアメリカ兵がアメリカに持ち帰り発見されたという逸話があります。

 

中性脂肪と悪玉コレステロールが減れば、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの重大な病気を予防でき、それを助けるのが白井田七ということですね。

 

白井田七はホットフラッシュや急な発汗を治せる?

白井田七でホットフラッシュ(急なほてり)や汗を無くすことはできるのでしょうか。
白井田七でホットフラッシュやほてり・汗は治せる?

 

ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)や急な発汗は、更年期症状としてよく現れます。

 

更年期障害と白井田七については
→白井田七でホルモンバランスが整って更年期のイライラが治まる理由
に詳しく書いてあります。

 

 

更年期前から発現することも多く、女性の6割が経験しているともいわれる症状で、ほてりと発汗、脈拍の上昇が同時に起こりそれが2~5分程続くのが特徴です。

 

ホットフラッシュは、女性ホルモン(エストロゲン)の減少によって起こる自律神経の乱れが原因と言われています。

 

白井田七のホットフラッシュの原因は女性ホルモン

 

白井田七に含まれるサポニンという成分が、女性ホルモンを分泌する副腎皮質を活性化できるので更年期症状全般に効きます。

 

ホットフラッシュ・ほてり・のぼせ・発汗など、更年期の症状で悩んでいる方は白井田七を試してみてはいかがでしょうか。

 

白井田七で肥満は防げるのか

白井田七で肥満を防ぐ、痩せることはできるのでしょうか。
白井田七で肥満は防げる?

 

白井田七に含まれる田七ケトンには、中性脂肪や悪玉コレステロール値を下げる効果があることが認められています。

 

また、皮下脂肪を蓄えにくくし、脂肪の燃焼を促進する働きがあることもわかりました。

 

つまり白井田七で肥満を防ぐことができるということです。

 

白井田七で肥満を防ぐことが可能

 

しかし肥満を防げるからと言って暴飲暴食しても大丈夫ということではありません。

 

あくまで自分で食事や運動などを行った上で、それをサポートするのがサプリメントです。

 

 

田七ケトン以外にも白井田七には痩せる成分がたくさん含まれています。
白井田七は痩せるという口コミは本当?

 

 

白井田七は女性ホルモン(エストロゲン)を増やし生理不順・生理痛を改善できる?

白井田七はエストロゲンという女性ホルモンを増やし、生理痛を和らげてくれます。
白井田七は生理不順、生理痛を和らげる?

 

また中医学では、生理痛の原因は体の冷えにあるとされており、生理痛に対しては体を温める漢方薬が処方されます。

 

生理痛がひどいときにはシャワーではなく温めのお風呂にゆっくり浸かると痛みが軽くなりますよね。

 

それは体温が上がって子宮の収縮が弱まるためです。

 

白井田七にも血行を良くして体温を上昇させる働きがあるので、白井田七で生理痛を和らげることができるといえるでしょう。

 

 

生理不順は、ストレスなどで自律神経が乱れ女性ホルモンの分泌に影響が出ることが原因とされています。

 

白井田七で生理痛と生理不順が改善

 

白井田七で自律神経の乱れを整え、女性ホルモンの分泌を適正なバランスに戻すことにより、生理不順も改善できます。

 

 

エストロゲンが過剰に分泌されると子宮内膜ポリープの原因になるのでは?と気になる方もいらっしゃるかも知れませんが、
漢方薬を飲んでもあくまで「体に不足している分のホルモンしか分泌されない」ので心配する必要はありません。

 

白井田七が腎臓の病気にも効くって本当?

白井田七が腎臓の病気にも効果があるって本当なのでしょうか。
白井田七は腎臓の病気にも効く

 

腎臓はおしっこを作るだけの臓器ではありません。

 

腎臓が病気の状態(腎臓病)になるとこんなにたくさんの不調が出ます。

水分量の調整ができなくなる

むくみ、高血圧、低ナトリウム血症、肺水腫

老廃物が体にたまる

尿毒症

電解質が体にたまる

高カリウム血症、高リン血症

血液に酸が溜まる

呼吸が早くなる、電解質バランスが崩れる

ホルモン異常

貧血、高血圧、骨粗鬆症

 

など、腎臓が不調になるとたくさんの悪影響があります。

 

白井田七は腎臓の病気に効く

 

ではなぜ腎臓病になるのでしょうか。

 

実は糖尿病や高血圧、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病と関わりが大きいとされ、
これらを改善することで腎臓病のリスクも減らすことができます。

 

血糖値を下げる、高血圧を予防する、肥満を防ぐなどすべてにおいて白井田七は効くので、腎臓病の予防にもつながるということになります。

 

白井田七で腎臓病のリスクを最小限に抑えましょう。

 

白井田七は貧血や低血圧に効く!?

白井田七は貧血・低血圧にも効き目があると言われています。
白井田七は貧血や低血圧にも効果ある

 

白井田七といえば高血圧の人が血圧を下げるために飲むサプリだと思っていませんか?

 

低血圧の人が飲んだらさらに低血圧になってしまいそうな気がしますが、そんな事はありません。

 

白井田七は低血圧でも高血圧でも、最適な血圧に整えてくれます。

 

朝シャキッと起きる事ができるようになったという白井田七の口コミはよく見ますが、これこそ低血圧が改善された証拠です。

 

低血圧はこのような症状も出ます。

めまい、頭痛、肩こり、耳鳴り、不眠、胃もたれ、吐き気、発汗、動悸(どうき)、不整脈

 

それから、日中のだるさやすぐ疲れてしまう、といった症状も低血圧によるものです。

 

低血圧の中で最も多いのが、原因不明の「本態性低血圧」です。

 

白井田七低血圧の原因がわからないものにも

 

漢方薬はこうした病名のない体の不調「未病」に対してとても効果を発揮します。

 

貧血の70~80%が鉄分不足、その他が葉酸やビタミンB12不足と言われていますが、白井田七は貧血の原因である鉄分、葉酸、ビタミンB12すべてを配合しています。

 

貧血で悩んでいる方にも白井田七はおすすめです。

 

 

白井田七公式サイト: