白井田七の副作用と好転反応の見分け方

白井田七の副作用と好転反応についてお教えしていきます。
白井田七の副作用と好転反応の違い

 

副作用かと思ったら実は好転反応だった

好転反応だと思っていたら副作用だった

 

といったことがないように事前にしっかり確認しておきましょう。

 

白井田七は基本的に用法用量を守っている限り副作用はありません

 

頭痛、眠気、下痢、吐き気、ニキビ、蕁麻疹、湿疹など、副作用と思われる症状は殆ど好転反応です。

 

副作用が出たから飲むのをやめよう

とすぐにやめてしまわず、1~2週間程度飲み続けてみてください。

 

 

しかし、西洋薬との飲み合わせなどによっては副作用が出る場合もあるので
白井田七の副作用について知りたい方は目次をご覧下さい。

Menu []

副作用

白井田七の副作用を紹介します。
白井田七の副作用について

 

古来より田七人参は「上薬」(長期間飲み続けても副作用がない漢方薬)とされ
現在でも明確な副作用や健康被害は確認されていません。

 

しかし用法用量を守らず過剰摂取してしまうと、
赤血球膜を溶かしてしまったり、悪玉コレステロール値を下げるのと同時に
善玉コレステロールまで減らしてしまうといった副作用があります。

 

なので

用法用量はしっかり守り

過剰摂取をしない

ことが副作用を避けるために大切です。

 

 

 

白井田七の効果や口コミに関してはこちらのページに詳しくまとめてあります。
→【驚愕】白井田七の効果・口コミを徹底調査してわかったこと!

 

 

好転反応

白井田七の好転反応とは何なのでしょうか。
白井田七の好転反応について

 

漢方薬を飲んでいた経験のある方は、
「あ~漢方の飲み始めによく出る症状のことでしょ」
と思われるかも知れませんが、

 

好転反応とは自然治癒力が働き始めた証拠です。

 

アトピーを治すために漢方を飲み始めたら痒みが強くなった、
湿疹や皮膚炎が悪化した、というのも好転反応。

 

体内にある有害物質や不要な異物を体外に排出しようとする浄化作用が働き始めたことを意味します。

 

白井田七の好転反応としてよく出るのが、
「水のような下痢」です。

 

慢性的に動きが鈍っていた内臓が活発に動き出すので、
宿便が出たり水のような下痢といった症状が現れます。

 

次に多いのが
眠気
だるさ
便秘
目やに・たん・鼻水
発疹・かゆみ
吹き出物
発熱

 

などの排泄反応が起こります。

 

これらは副作用ではないので安心してください。

 

昔怪我をした、病気をした、薬を塗っていた、
などの場所が特に好転反応のかゆみや発疹が現れやすいとされています。

 

白井田七の好転反応は良い兆し!

 

だいたい1週間から2週間で治まるのですが、
その後も体から完全に毒素が抜けるまで好転反応は続きます。

 

飲み始めて最初の好転反応が一番強い反応で、
その後徐々に落ち着いていきます。

 

好転反応のことを知らずに飲み始めてしまうと、
副作用かと思って驚いてしまうかも知れません。

 

ですが好転反応は身体を綺麗にしていく上でとても大切なことなので、
安心して飲み続けてもらって大丈夫です。

 

あまりに好転反応がひどくて辛い場合は、
白井田七の飲む量を半分にしてみたり
それでもどうしても好転反応から回復しない場合は
病院で診察を受けてみてください。

 

白井田七の全成分一覧

白井田七の成分を紹介していきます。
白井田七の全成分について

 

白井田七全成分

サポニン、フラボノイド、アミノ酸、田七ケトン、デンシチン、フラボノイド、ギャバ、植物ステロール、有機ゲルマニウム、鉄分、マグネシウム、カルシウム、カリウム、亜鉛、ナトリウム、リン、銅、ビタミン、カロチン、葉酸、マンガン

 

中でも最も効果があるとされるのが
サポニンという成分です。

 

白井田七の苦味の理由もこのサポニン。

 

人参サポニンとも呼ばれ、ジンセノサイドRb1、ジンセノサイドRg1の2つがあります。

 

田七人参や高麗人参以外にも、大豆やそら豆など豆科の植物にもサポニンは入っているそうです。

 

 

サポニンに関してはこちらをご覧ください
→白井田七のサポニンとは

 

白井田七のサポニンが効果あり

 

フラボノイドは万病の原因ともいわれる「活性酸素」の働きを抑え、
免疫機能向上・自然治癒力の強化といった効果があります。

 

白井田七のアミノ酸は、体内で生成できない9種類の必須アミノ酸(ロイシン,イソロイシン,リシン,トレオニン,トリプトファン,バリン,ヒスチジン,メチオニン,フェニルアラニン)が全て含まれています。

 

白井田七アミノ酸成分一覧

アルギニン、リジン、ヒスチジン、フェニルアラニン、チロシン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、バリン、アラニン、グリシン、プロリン、グルタミン酸、セリン、ステオニン、アスパラギン酸、トリプトファンシスチン、γ-アミノ酪酸(ギャバ)

 

ミネラル分に関しても成分として数多く入っています。

 

白井田七ミネラル成分一覧

リン、鉄、カルシウム、カリウム、マグネシウム、亜鉛、銅、マンガン

 

白井田七にはビタミン成分もたくさんあります。

 

ビタミン成分一覧

ビタミンB1サイアミン、ビタミンB2リボフラミン、ビタミンB6、ビタミンB12

 

ダイエット効果のある成分や美肌効果のある成分など、白井田七にはたくさんの効果があるビタミン、ミネラル、アミノ酸成分などが含まれているので
これ1つで他の幾つものサプリと同じ機能があるといえるでしょう。

 

白井田七はダイエット・美肌効果もある

 

白井田七の効果に関してはこちらのページに詳しくまとめてあります。
白井田七の効果とは

 

 

白井田七の原材料はなに?

白井田七の原材料をすべて公開します。
白井田七の原材料について

 

白井田七原材料一覧

田七人参(98%)、有機玄米(2%)

 

この2つのみです。

 

錠剤に加工するために粘り成分が必要だったため、仕方なく有機玄米を使っていますが
化学物質などは一切使わず、全て有機栽培の植物で作られています。

 

田七人参の産地は中国南西部の雲南省

 

ベトナムやラオスとの国境付近標高2000mの高地で山を丸ごと1つ借りて栽培しています。

 

田七人参が取得しているIFOAM(国際有機運動連盟)認証はとても通りづらく、
無農薬、無化学肥料はもちろん
土壌や使う水など審査基準は多岐にわたります。

 

白井田七の原材料は人参と麦だけ

 

中国と聞くと「え?大丈夫なの?」
と思ってしまいがちですが、

 

他の農地の農薬の影響を受けないよう山奥の奥で栽培されていますし
IFOAM認証も受けているので、日本で農薬を使って栽培されている植物よりもよっぽど安全であると言えます。

 

安い漢方薬などは残留農薬があったりして、服用すると副作用が出たり
今以上に体調を悪くしてしまう危険性があるので漢方薬は特に品質には注意して選んでください。

 

白井田七は漢方薬なの?

白井田七は漢方薬扱いになるのでしょうか。
白井田七は漢方薬なの?

 

漢方薬とはそもそも、漢方の考え方である
「養生」「気功」「整体」「薬膳」「鍼灸」「漢方薬」
のうちの1つです。

 

漢方と漢方薬はイコールではないということですね!

 

さらに、漢方薬の定義としては

生薬と呼ばれる動植物・鉱物を2種類以上組み合わせて作られた薬

のことを指すので

 

田七人参単体で漢方薬と呼ばれることはありません。

 

しかし白井田七は田七人参と有機玄米を組み合わせているので、
漢方薬と呼べる
かも知れません。

 

田七人参の正式名称は
「三七人参(サンシチニンジン)」で、収穫できるまでに3年~7年掛かるためだと言われています。

 

この三七人参のなかで、中国の田陽、田東でとれるものを田七人参と呼ぶようになったそうです。

 

現在日本で流通しているのはは雲南省で栽培されている田七人参が多いので、
田七人参と呼んで良いのかは疑問ですけどね。

 

田七人参は古代中国の薬学の本にも登場しており、
昔から体にいい影響を与えることが知られていました。

 

そんな田七人参を完全有機栽培できる方法を確立し、
98%の濃度で錠剤にしたのが白井田七です。

 

漢方薬といえば苦いし高価だし飲み続けるのは難しい、
というイメージがありますが、白井田七は飲みやすい味と続けやすい価格なので
漢方薬初心者の方におすすめです。

 

白井田七は漢方薬初心者におすすめ

 

漢方薬は副作用も無く、効果も穏やかなので
「西洋薬は心配だ」
という方にもおすすめできます。

 

白井田七のサポニンとは

白井田七のサポニンという成分はどういう働きをするのでしょう。
白井田七のサポニンとは

 

田七人参に配合されている「サポニン」

 

これが最も重要な成分だと言えます。

 

サポニンは界面活性作用があり、赤血球を破壊したり、
魚に対して表面を溶かすなどの効果もあります。

 

人が経口摂取するとコレステロールの吸収を阻害する働きがありますが、
たくさん摂取すると蕁麻疹などの副作用が現れる場合があります。

 

サポニンを配合している植物一例

大豆、小豆、なた豆、ムクロジ、トチノキ、サボンソウ、ウチワサボテン、オリーブ、朝鮮人参、桔梗、ぶどうの果皮、椿、ドリアンの室の部分

などがあります。

 

また、ヒトデやなまこなどの一部の棘皮動物の体内にも含まれます。

 

サポニンという一つの成分の名前ではなく、

ジンセノシド(ジンセノサイド)、エラトシド、スコパリアノシド、コチアノシド、ベータブルガロシド、スピナコシド、バセラサポニン、カメリアサポニン、ギムネモシド、セネガサポニン

など、サポゲニンと糖から構成される配糖体の総称です。

 

映画化もされた「ソラニン」という漫画がありましたが、
ソラニンもサポニンの一種で、ジャガイモの芽の部分に多く含まれるサポニンです。

 

ソラニンもサポニンの一種

 

田七人参に入っているサポニンは「ジンセノサイド(ジンセノシド)」で、
ジンセノサイドRb1とジンセノサイドRg1の2種類のサポニンが含まれています。

 

サポニンは脳梗塞や心筋梗塞など血管系の疾患に効果があると言われており、

血小板の凝固を抑える

毛細血管を拡張する

血栓ができにくくする

といった働きをしてくれます。

 

サポニンの副作用としては過剰摂取しなければ特に無いですが、
体質などによっては

蕁麻疹

下痢・便秘

吐き気

などの副作用が現れる場合があります。

 

白井田七の過剰摂取は厳禁

 

これがサポニンの

副作用によるものなのか

好転反応によるものなのか

しっかり見極めることが大切です。

 

飲み始め1~2週間で現れてくるのが好転反応とされていますので
飲んですぐ蕁麻疹になる等副作用かも知れない場合は
医師に相談してみてください。

 

白井田七はアレルギーがあっても飲める?

白井田七はアレルギーがある方が飲んでも平気でしょうか。
白井田七はアレルギーでも大丈夫?

 

原材料の中には「玄米」が使われているので
「米アレルギー」の方は摂取しないほうがいいかも知れません。

 

 

しかし、白井田七にはアレルギーの症状を緩和してくれる働きがあることがわかっています。

 

そもそもアレルギーとは、体の免疫機能が働きすぎて
正常な細胞まで攻撃してしまい炎症を起こす症状
です。

 

Ⅰ型アレルギーからⅤ型アレルギーまで分類がありますが、
一般的にアトピーや花粉症、喘息などのアレルギーはⅠ型アレルギーとされます。

 

白井田七に含まれるジンセノサイドというサポニンは、
トラウマ・不安・肉体疲労・精神的ストレスへの抵抗力を高めてくれるとされる天然ハーブ、「アダプトゲン」の一種でもあります。

 

内分泌系のホルモンに作用し、免疫システムの機能が弱まったときにその働きを強くしてくれて、過剰反応してしまっているときには逆に働きを弱めてくれます。

 

白井田七はアレルギーを軽くしてくれる

 

ジンセノサイドRg1が免疫システムを強めてくれて
ジンセノサイドRb1は免疫システムを弱めてくれる
ので、
アレルギー体質の方にはジンセノサイドRb1が働いてくれるでしょう。

 

これがⅠ型アレルギーの人の免疫過剰を抑え、
バランスの取れた免疫システムに整えてくれます。

 

 

重度の米アレルギーの方でなければ白井田七はアレルギー反応などは出ず、
むしろアレルギー症状の改善が見込めるのでぜひ試してみてください。

 

白井田七との飲み合わせが危険な薬とは

白井田七との飲み合わせで危険な副作用が起きたりする薬はないのでしょうか。
白井田七と飲み合わせが危険な薬

 

白井田七を飲もうと考えている人は、
高血圧薬頻脈の薬血糖値を下げる薬コレステロールを下げる薬など、
複数の薬を飲んでいる場合があると思います。

 

白井田七と飲み合わせて危険な副作用が出たりする薬は無いのか調査しました。

 

風邪などの時に使われる「小柴胡湯」(ショウサイコトウ)と肝臓病薬「インターフェロン」の飲み合わせによって
間質性肺炎という病気を発症し死亡した例など、漢方薬と西洋薬の飲み合わせで副作用が出て危険だとされるものはいくつかあります。

 

 

高麗人参・田七人参など人参系漢方薬との飲み合わせに注意が必要なのは
静脈血栓症、心筋梗塞症、肺塞栓症、脳塞栓症、脳血栓症などの治療で使われる
「ワーファリン(ワルファリン)」です。

 

白井田七は西洋薬との飲み合わせで危険なものもある

 

血流促進・血栓解消効果のある田七人参と、同じく血流促進・血栓解消効果のあるワーファリンで
血液が流れやすくなりすぎてしまって様々な副作用が出る可能性があります。

 

他にも白井田七との飲み合わせが危険な西洋薬があるかもしれませんので、
念の為お医者さんに相談してから飲み始めるのが良いでしょう。

 

白井田七は頭痛の原因になる?

白井田七で頭痛が起きた場合はどうすればいいのでしょう。
白井田七で頭痛になる?

 

白井田七を飲み始めてすぐ~2週間くらいの間に頭痛が起こることがあります。

 

これは漢方薬の飲み始めによくある「好転反応」と呼ばれるもので
副作用ではありません。

 

体の中の毒素や不要な物質が体外に排出されるときに起こる反応で、
これから体調が好転していくきっかけ、合図になっています。

 

この好転反応のつらさは人によって異なっていて、
飲み始める前に沢山不摂生していて体の中が汚れている人ほど
好転反応が激しい
です。

 

白井田七の好転反応は体内の汚さに比例する

 

頭痛が辛くてもロキソニンなどは飲まず、安静にするなどしているのが良いです。

 

どうしても辛い場合は、飲む量を半分に減らして様子を見てください。

 

白井田七で下痢になることはある?

白井田七で下痢になったりすることってあるんでしょうか。
白井田七で下痢になる?

 

白井田七に含まれるサポニン(ジンセノサイド)を過剰摂取した際の副作用として
下痢になることがあります。

 

私も飲み始めたばかりの頃、
「沢山飲んだほうが早く効果が出るに決まってる」
と自己判断で1日12粒飲んだときに下痢になりました。

 

副作用とは違い、白井田七の好転反応でも下痢になることがあり、
好転反応の下痢と副作用の下痢の違いとしては、

 

好転反応の下痢:臭い水のような下痢
副作用の下痢:普通の下痢

 

好転反応の下痢の場合は、体内の毒素を排出する働きがあるので、
臭くて水のような下痢が出ます。

 

白井田七の好転反応で下痢になることもある

 

今考えれば私も好転反応の下痢でした。

 

なので白井田七の副作用で下痢になった!と焦らず
服用も辞めずにしばらく飲み続けてみてください。

 

白井田七で眠気が増す事はあるの?

白井田七を飲んで眠気が出るのは副作用なのでしょうか。
白井田七で眠気が増す?

 

実は白井田七で眠気が出るのは副作用ではなく好転反応の1つです。

 

慢性的に活動が鈍っていた内臓が動き出し、体内の毒素を排出しようと働きます。

 

その過程で毒素が一時的に血液に乗り体中をめぐるのですが、これが眠気やだるさを感じる原因です。

 

毒素が肌から出れば吹き出物やニキビ、湿疹になりますし、
肛門から出れば下痢などになります。

 

田七人参の効果で血流が良くなっているというのも眠気が増す理由になります。

 

温泉に入ってデトックスしてご飯食べたら眠くなりますもんね!

 

白井田七の好転反応で毒素が抜けていくから眠くなる

 

その状態と同じだと思ってください。

 

ただ眠気があるからと言って何もしないでいると好転反応が長引いてしまうことがあるので、
できるだけ外に出て散歩やランニングなど、デトックスを促進させるような活動を心がけてください。

 

白井田七を妊娠中や授乳中に飲んでも平気なの?

白井田七は妊娠中や授乳中の女性が飲んでも問題ないのでしょうか。
白井田七は妊娠中や授乳中に飲んでもいいの?

 

妊娠中や授乳中こそたくさんの不足している栄養素を補いたいと考えますが、
赤ちゃんに影響を及ぼす成分も多くあるので、白井田七が安全なのか気になりますよね。

 

白井田七の口コミを見てみると

 

葉酸も入っているから白井田七飲み始めました!

 

産後疲れだったけど白井田七に助けられてます。

 

などなど妊娠中の人の口コミと思われるものや、授乳中、育児中の方と思われる口コミが見つかりました。

 

妊娠中、授乳中でも白井田七を飲んでる人がいるから私も大丈夫かも!?
と思われるかも知れませんが、実は注意が必要です。

 

田七人参に含まれるサポニンとは異なりますが、大豆サポニンは女性ホルモンエストロゲンと似た働きをする植物性のエストロゲン様物質です。

 

もし過剰摂取してしまうとエストロゲンだけが増加することになり、ホルモンバランスが崩れてしまう副作用の可能性があります。

 

特に妊娠初期のサポニンの摂りすぎには注意が必要で、つわりが安定するまではサポニンの取りすぎは気をつけたほうが良いでしょう。

 

白井田七は妊娠初期に注意が必要

 

また白井田七は血行促進効果が高いので、妊娠中の高血圧に注意する必要もあります。

 

 

授乳中の白井田七の摂取は特に問題はないようです。

 

母乳が出にくい方もサポニンの血行促進効果によって、母乳がたくさん出るようになったという口コミもありました。

 

妊娠中の白井田七の摂取については注意が必要ですが、
絶対に飲んではいけないということではなく「過剰摂取はダメ」というだけです。

 

1日4錠など適量飲んでいる分には副作用はありませんし、
むしろ葉酸など不足しがちな成分もたくさん入っているので妊娠中・授乳中の白井田七はオススメです。